初めて不動産屋が家に来た日

若干話は前後するが、一括査定の依頼から数日後、初めて不動産屋が家に来た日のことを書く。
一括査定をポチった話は別記事にある。

中に入れなくても現地を見たい

「不動産屋が来た」といっても、家の中には入らず、外から見て回るだけという条件付きだ。
家の中が汚くて、入れないのである。

査定を依頼したのが8月の上旬。8月中に何とか部屋を片付けた上で、9月に入ったら家の中を見てもらい、その上で詳細な査定をお願いするという心づもりだった。
つまり「どうせ来ても中を見られないから、来るのは9月まで待って」と、一括査定の段階で言ってあった。

しかし、それでも「現地を見てから簡易査定したい」という会社が数社あったので、来てもらったわけだ。
「現地を実際に見て、より正確な査定を」という気持ちもあるだろうが、「とにかく会って顔を覚えてもらおう、当社を印象づけよう」といった営業的な意味合いが大きいと思われる。

マナーには感心したが…

最寄り駅から歩けば20分近くかかる辺鄙な場所であり、当然社用車で来ると思ったのだが、どの会社の担当者も、判で押したように歩いてやってきた。どこかのコインパーキングに車を停めてきているのだと思われる。
路上駐車に対するコンプライアンス意識というのもあるだろうし、近隣の住民に知られないようにという配慮もあるのだろう。そこは素直に感心した。

査定依頼の数分後に電話をかけてきた大手の某社は、20分ほどで家の周りをぐるりと見て、いろいろ前向きなコメントをして帰っていった。
しかし、その後郵送されてきた査定書を見ると、10社ほど査定を依頼した中で最安の査定額であった。
「詳細査定でまた変わってきます」とは言っていたが、家の中を見たところで、フローリングの凹みや壁の傷など悪い点が見えてくるだけである。

翌日だったかに別の会社の担当者もやってきたが、二人で家の周りを見ていたら、売り出し中の隣家の主と鉢合わせになってしまい、営業担当者はえらく恐縮していた。
まあ、私も正直気まずかったが、いずれ知れることである。

実は、不動産屋を家に呼ぶのって、意味ない?

結局、簡易査定の段階でわざわざ見に来たのは2~3社だったと思うが、見に来たからどうということもなかった。家の中に入らないのだから、現地に来て得られる情報は少ない。

今にして思うと、家の中に入ったところで査定額は大きく変わらないと考えられる。
家の中に入って得られる情報は主に建物に関するものだと思うが、そもそも査定額に占める建物の割合は大きくないし、部屋に入っても建物の構造までは分からない。壁に大穴があいているとか、よほどの事情がない限り、簡易査定で十分な精度の査定額を得られるのではないかと思う。

そもそも、中古住宅は「1点もの」であるから、査定額や相場に正解はない。
周囲の物件より明らかに高額で売り出したとしても、たまたま気に入って買ってくれる人がいれば、それが相場ということになってしまう。

答えを先に書いてしまうが、我が家の場合、実際に家の中を見た不動産屋は2社のみ。2社が同日に来て、その日のうちに1社に絞ったのだが、その1社にしても、家の中を見た結果、当初の簡易査定額を変えるということはなかった。
つまり外観のみによる査定(もっと言うと、外観すら見ない査定)で、売却活動は十分進めていけるということだ。

もし、「家を売りたいが、部屋が汚いから査定を依頼できない」と思っている人がいたら、そこは気にせず査定を依頼していいと思う。
査定の段階で、不動産屋を家の中に入れる必要はない。最悪、不動産屋と契約し、購入希望者が部屋を見に来るまでに何とかすればよい。

「本命選び」の一助になるか?

ということで、わざわざ不動産屋に現地まで来てもらったが、少なくとも売り主にとってはあまり得るものがなかった。

ただ、査定の後には当然、「どの不動産屋に仲介を依頼するか」という選定が待っている。
一般媒介契約であれば複数社を選べるとはいえ、10社に査定を依頼して10社と媒介契約を結ぶ、というのは大変だろう。
そのセレクションという意味では、各社の担当者と会って話をすることはある程度有効であり、ついでに自宅に来て、外観だけでも見てもらうというのはアリかもしれない。