好物件は、捨て身の「先行契約」でゲットする

8月半ば。持ち家の売却については、各社の簡易査定の結果が出そろった。
家の中が片付かない以上、そこから先のフェーズへは進めないという状況だ。

一方、どこへ引っ越すかという件については、この頃大きな進展があった。
時系列に沿って読んでいる方にとっては大きな話題転換となるが、ここからしばらく、賃貸住宅を借りる話になる。

注文の多い客

妻は毎日のように住宅情報サイトをチェックし、よい物件がないか探していた。

といっても探す範囲は広くない。
転居の目的が「通学時間の短縮」であり、学校に近いことが絶対条件だからだ。

学校に近いエリアには、ファミリー向けの賃貸物件が少ない。
あるにはあるが、価格と内容のバランスを考えるとイマイチで、食指が動かなかった。

贅沢を言うようだが、私たちは「そこそこのRC造マンション」でないとダメ、という縛りをかけていた。
妻は終日、ほぼ横たわっている。騒音にはどうしても敏感になるので、防音性の高さは重要で、集合住宅だと必然的にRC一択となる。
隣家からの騒音という点で戸建てはマンションより有利に思えるが、それでも、単なる木造住宅だと外からの音が結構入ってくる。今の家では、隣が(家の中で)騒いでいると、窓を閉めていてもその声がかすかに聞こえるという。この程度で気になるのだから、アパートによくある鉄骨造は選択し得ない(結婚当初に住んでいた鉄骨造のアパートは、当時新築だったが下階の音が筒抜けだった)。
アパートでもRC造というのは時々あるが、同じRC造でも、分譲マンションと単なるアパートでは壁や床の厚さに違いがあると考えられる。1階に店舗が入っているような独立系の賃貸にも同様の不安があり、結局は、そこそこ名の通った分譲マンションもしくはハイグレードの賃貸マンションでないとダメだと思っていた。

さらにもう1点、「定期借家」はダメ、という縛りもかけていた。
ふつうの賃貸(いわゆる「普通借家」)だと、典型的には2年契約で、2年経ったら更新料1ヶ月分を支払うことで半永久的に住み続けることができる。
これに対し「定期借家」と銘打った賃貸住宅は、基本的に契約の延長ができない。多いのは2年、次に3年、稀に5年というのも見かけるが、ともかく期限が来たら契約の更新はできず(できる場合もあるが、その時の家主の意向による)、出て行かなくてはならない。
私たちの場合、息子の小学校生活が2年以上残っているので「定期借家2年」というのは明らかにダメだ。「定期借家3年」なら小学校生活は新居で全うできるが、中学進学の際に必ず転居しなければならない、という時限爆弾を抱えることになる。これは落ち着かない。

以上2つの条件を加えると、検索で引っかかる物件は限られてくる。
騒音のことを考えると、分譲マンションの一室を賃貸に出している、いわゆる「分譲賃貸」が望ましいところだ。しかし分譲マンションを賃貸に出す人の多くは、「転勤で2年間だけ家を空けるので、その間だけ他人に貸そう」といった考えである。2年後には戻ってくるから「定期借家2年」という貸し方になる。
であるから、検索結果は常に寂しく、70平米のマンションの一室が月25万超えという、東京近郊の片田舎とは思えないスペックの賃貸物件が永く募集中のままになっているだけだった。逆に言うと、これより値頃感のある物件は残っていなかった。

好物件現る。現物を見ずにポチれ!

そんなある日、定期巡回中の妻が新着物件の情報を持ってきた。

一つの物件を数社が同時に仲介しており、一部の不動産屋が住所を間違っていたので当初は混乱したが、情報を総合すると、息子の学校にごく近い、築浅のマンションの一室であるらしかった。分譲賃貸でありながら普通借家というレア物件だ。
さすがに、エントランスの映像が思い浮かんで「ああ、あそこね」と言えるほど知っている建物ではなかったが、自転車で時々通る道に面しており、土地勘はありすぎるほどある。
家賃は、持ち家のローンの支払いと比較すると、正直言って安くはない。しかし周辺相場からいって明らかな割高感はない。

申し込みが遅くて競り負けるのだけは嫌だと思い、すぐさま不動産屋に電話した。
折悪しくお盆休みの真っ最中だったが、仲介している数社のうち、たまたま最初に選んだ1社(地元の不動産屋)が、お盆期間ながら営業していた。

早速「内見したい」と申し込んだのだが、反応は意外なものだった。
曰く、まだ入居中なので内見はできない。
しかし募集はすでに先着順で始めているので、どうしても早く決めたければ、内見せずに契約するしかないという。

あとで調べて分かったのだが、こういう形態は「先行契約」と呼ばれる。
通常の賃貸物件では「内見→申込→契約→入居」という順であるところ、「申込→契約→内見→入居」という順になる。
内見せずに契約するので、いざ内見して「やっぱりダメだ」という判断になった場合、違約金(典型的には賃料1ヶ月分)が発生する。なかなかハイリスクである。

似た言葉に「先行申込」というのがあるが、こちらは「申込→内見→契約→入居」であり、内見前に申込はするが、実際の契約は内見後なので、まだリスクは低いといえる。

実はこの数年後、もう一度賃貸への引越を経験するのだが、3月末入居というハイシーズンながら、「先行契約」の物件にはついぞ出会わなかった。そういう意味で、今回の物件はかなり強気であったように感じられる。

 

電話を切ってから、あらためて物件の情報を10分ほど調べた。
悪い物件ではないという自分の直感を信じ、腹をくくって申し込むことにした。

しばらくして、私たちが見事1位を獲得したことを告げられた。
早押しには勝ったが、さて、これが正解だったのかどうか――次回に続く。