住んだまま売るか、空き家にして売るか?

8月のお盆前に、不動産各社へ一括査定をお願いした。
その際には「部屋が汚いので、とりあえず簡易査定で」という条件をつけていた。
外からしか見られないのに、わざわざ家へ来る不動産屋もいくつかあった。

査定書が出揃うと、当然、不動産屋からは「早く中を見せてください」と催促が来る。
そのたびに「部屋が片付いたら呼びます」と言い続けてきた。

しかし、9月に入ってもいっこうに部屋は片付かない。
一方、11月初旬に転居することは早々と決まった。ということは、遅くとも11月初旬には家の中はきれいになる。

そこでふと思った。
不動産屋を家の中に招き入れるのも、転居後でいいのではないか?

「住んだまま売る」ことのメリット、デメリット

中古の住宅を「売り主が居住している状態」で売り出すか、「売り主が転居後、空き家の状態」で売り出すか。一般的にはどちらも一長一短あるようだ。

素人の自分は、当初「転居後の方が部屋が広く見えるし、状態も確認しやすいからベター」だと思っていた。

しかし調べてみると、「入居中に見てもらった方が、買い主が転居後の生活をイメージしやすいのでよい」という視点もあるという。
最近では、今使っている家具を存置しつつ、不要な生活感を生む小物を隠して「映える」写真を撮るためのサービス、「ホームステージング」が流行っているようだ。これはまさに、「転居後の(現実よりちょっと素敵な)生活をイメージしやすくする」ことにより、買い手の興味を惹くことが目的である。転居後に同じことをやろうとすると、撮影用に大物の家具をまるまる据え付けないといけないので大変だろう。

私生活を覗き見られる「内見」に堪えられるか?

それは分かった。
しかし現実問題として、入居状態で中を見せるのは、正直言って面倒だ。

まず、相手が買い主候補ではなく不動産屋であったとしても、あまりに散らかっている家には入れたくない。
当時の我が家は、子供部屋が文字どおり「足の踏み場もない」状態で、とても他人を呼べる状況ではなかった。

そして我が家の場合、妻が基本的に寝たきり、かつ他人と話したくない状態である。
しかし内見となれば、寝室にも他人が入ってくるわけで、寝たままというわけにはいかない。

見に来る不動産屋が1社だけなら、その間、妻子が近くの喫茶店等に避難するという手もある。
しかし、実際には複数社と一般媒介契約を結ぶ予定だから、3~4社は入ってくるだろうと想像される。普段寝たきりの人がそのたびに外へ避難するのは辛い。

 

さらに話が進んで、入居中に買い主候補が部屋の中に入ってくるとしたらどうか?
実際、そういう物件は結構あると思う。SUUMOに載っている写真が「家具付き」の物件は珍しくないが、こうした物件はおそらく「居住しながら売り出している」のだろう。
が、考えてみると、客を迎える売り主側の負担は相当なものである。
内見によって「買う・買わない」を決めるのだから、掃除や片付けのレベルも、不動産屋を迎え入れる際とは違ってくるだろう。しかも全ての部屋を見て回るから、急な来客の時のように「とりあえず1階だけ綺麗にしよう」では済まない。
不動産屋によっては、このような場合に対応した「お片付けサービス」を用意しているところもあるが、客が来るたびに毎回頼むと費用もバカにならないし、「他人が入ってくるのが嫌」という私たちからすると、「お片付け」のために余計に他人が家へ入ってくるのは本末転倒である。

 

査定を依頼した当初はここまで考えが及ばなかったが、今思えば、我が家で「入居したまま内見してもらう」というのは無謀な計画だった。

販売開始がズルズル遅くなっていく。それは気がかりだった。しかし背に腹はかえられない。
転居後すぐにハウスクリーニングを実施し、それから不動産屋を呼ぶ方針に切り替えた。

「内見不可」で売り出すという選択肢は?

当初はここで話が終わっていた。
しかし、売却活動がすっかり終わった今、あらためて考えると、「販売開始は後らせたくない」「しかし居住中に他人が入ってくるのは嫌」という2条件を満たしたいのなら、「内見は転居後にしかできない」という条件付きで売り出すという方法もあるのでは?と思った。

別記事にも書いたが、売却活動をしていて思ったのは、「内見の結果で査定額が大きく変わることはない」ということ。不動産屋が家の中に入ってじろじろ眺めても、査定額への影響はほとんどないと感じた。
ならば、不動産屋に対し「家の中は見せられないが、とにかく売り出してくれ」という依頼をすることは可能ではないか。

実際、私たちが家を売った後、引越先のマンションでそのような物件を見かけた。
SUUMOを見ると、部屋を売り出してはいる。しかしその部屋はリフォームの真っ最中で、SUUMOに室内の写真はなく、載っているのはベランダからの風景のみだった。つまり不動産屋ですら部屋の完成形を見ていないわけで、「当面は内見不可」でも売り出すことは可能ということだ。

しかし、かりにこの状況で「買いたい」という人が現れても、すぐに内見はできないから、リフォームが終わるまで待つか、完成予想図を信じて買うかの二択になる。
賃貸ならともかく、中古住宅を買うのに現物を見ないというのは不安が残る。じゃあリフォームが終わるまで待てるか?というと、待っている間に別の物件を見て、そちらに決めてしまう可能性が高そうだ。

結論として、内見できない状況で売り出すというのはあまり得策ではなく、もし居住中の内見を拒みたいのであれば、転居して内見可能な状況になってから売り出すことで良いのではないかと思う。