引越業者、どこに依頼する? (4) 価格交渉成立! オフシーズンの引越は安いのか?

話は見積に戻る。

引越の料金を決める要素としては、荷物量の他に移動距離もある。
今回の場合、引越し先は直線距離で2km以内なのでピストン輸送も可能、したがって標準的なトラック1台でよいだろうとなった。引越先にはエレベーターがあるのでクレーンのような特殊車両も不要で、純粋な輸送費用は一番割安な部類に入ると思われる。

決定金額は税込で約176000円だったのだが、内訳は以下のようになる。

基本料・運搬料64,900
作業員人件費59,400
段ボール24,750
その他梱包材5,918
エアコン移設費(2台)48,400
洗濯乾燥機移設費(1台)6,600
液晶テレビリサイクル費(1台)6,050
冷蔵庫リサイクル費(1台)8,470
値引-48,607
175,881

この価格が高いか安いか?
他社見積との比較はできないので、あくまで素人の肌感覚ではあるが検討してみた。

 

まず、家電関連は追加の定額メニューであり、他の業者に外注するため値引きの対象外と考えられるので、計算から除外する。

とは言いながら、一応調べてみた。

家電リサイクル費用は、他社と比較したところ標準的な価格で文句はない。

エアコンの取り付け・取り外しは1台あたり22000円(+税)で若干高い気もするが、ある程度のオプション費用が込みになった「エアコンパック」なので、バカ高いというわけでもない。
なお、実際には移設した2台のうち1台が隠蔽配管となった上、室内に化粧カバーを取り付けたため、別途45100円の追加料金が発生した(この追加料金は正直高いなと思う)。

見積上、人件費は3名分(@19800円)となっているが、管理費等を考慮するとこれはギリギリの価格だと思えるし、実際には、当日午後にヘルプ1名が参戦したのでトータルで「3.5人日」かかっている。文句はない。

また梱包材が、段ボール70箱で25000円弱(1枚あたり350円程度)、布団袋その他で6000円程度、合計で約31000円。
ここに結構な利益が乗っているのだろうが、自前で新品の段ボールを調達すると1箱200円では済まないだろうから、使用後の回収まで考慮すると許容範囲だろう。

これらを差し引いた残額が、トラックの使用料や「レンタル梱包材」の使用料などということになるが、計算すると約16000円にしかならない。
食器や靴、ハンガーに掛かった洋服を運搬する際に「エコ楽BOX」と呼ばれるレンタル梱包材を使うが、いくら再利用可能といっても、1回使った際の損料は1000円を超えそうだ。その他、壁や床を養生するためのシートにも損料は発生するだろう。
そうすると、純粋なトラックの使用料は10000円前後と推測される。レンタカーの価格を考えると特に割高とは思わない。

以上、見積を精査してみたところ、内訳が正しいとするならば、利益率が高そうなのは段ボール等の使い捨て梱包資材ではないか、という印象を受けた。
その梱包資材に関しては、引越当日、「儲けのためにはそこまでするか」という光景を目の当たりにするのであった。