転居は固定費削減のチャンス! (1) 住居費は増える、ではどうする?

今回の引越によって、月々の住居費は上がる。
そこで固定費の削減を検討した。

本サイト(の親サイト)は元々、「無理のない節約」を主なコンテンツとして開設された。

そのため、以前から固定費については相当な工夫をしており、今以上の節約は見込めないと当初は考えていた。
しかし改めて見直したところ、「インターネット回線」「電気」「ガス」「NHK」「駐輪場」の5点について、削減を図ることができた。

「単年度赤字」の覚悟

今回、引越によって部屋の面積はだいたい3割減少する。
しかるに、1年あたりの住居費は3割以上増加する。
賃貸だと会社から多少の家賃補助が出るものの、焼け石に水。我が家の今の収入では、単年度で見ると完全に赤字となる。

FPに見せたら「バカじゃないの」と言われそうだが、それは分かってやっている。
息子が自立するまでの残り数年間の利便性(=時間+体力+精神力)を金で買う。そのように割り切っての判断だ。
家が売れれば当面のキャッシュフローには支障がないから、出血を最小限に抑えつつ堪え忍ぶ。そして息子が高校を卒業するころ(希望)には新たな物件を買うなり、より家賃の安い所へ引っ越すなりするつもりだ。

不断の見直しが重要

ということで、固定費削減が今まで以上に重要となってくる。
しかし前述のとおり、我が家の固定費はすでにかなり削減されている。
ここでいう「削減」とは、「固定費を下げるために何かを我慢する」という意味ではなく、「我慢を伴わない範囲で、割安なサービスを利用する」という意味である。つまりは本サイトの設立趣旨「頑張れない夫婦の、頑張らない節約生活」そのものといえる。

とはいえ、引越を機に見直したところ、さらに固定費を削減できるものがいくつかあった。
その中には「引越をしたからこそ」というメニューもあるし、「実は今まで見逃していた」というものもある。
一旦は最適な方法に落ち着いたとしても、それが数年後にも最適とは限らない。不断の見直しが重要だということを痛感させられた。

具体的な固定費削減メニューについては、別記事でご紹介したいと思う。