最速記録1.5時間! 不動産の一括査定依頼後、査定書が届くまで

清水の舞台から飛び降りる心持ちで、一括査定のボタンをポチった日のことは前の記事に書いた。

不動産業界にエサ撒き! 一括査定を依頼したら何が起こったか
別記事で紹介した「人手を介さない査定」の方法を知らなかった当時の私は、売る気満々だったこともあり、不動産屋へ査定の依頼をすることにした。 今時、査定の依頼は簡単だ。所有する不動産の情報を入力すると数社へ一括して査定を依頼してくれるというサイ...

一括査定の申込から1時間半後、最初の机上査定の結果が送られてきた。早い!

はじめての査定書

たまたま出先にいたため、スマートフォンの小さい画面で、ドキドキしながら査定内容を見てみる。

――まあ、妥当だな。

査定金額は、約10年前に新築で購入した時の金額とほぼ同じ
売出提案額には約10%の幅があったものの、上限でも隣家の売り出し価格よりは安い。
「査定額」「売出提案額」等、用語については項を改めて説明する。

誰がやっても同じ査定額?

査定根拠もちゃんとついているのだが(宅建業法第34条の2で査定根拠を示すことが義務づけられている)、土地の価格は近隣の成約事例から類推、建物の価格は建坪と経年から機械的に算出しているだけだった。
その点では、どの不動産屋が査定しても結果は同じになりそうなものだ。

ただ、実際にはそうでもない。
まず、「どの成約事例を選定するか」によって、土地の想定価格が変わってくる。
次に、過去の成約事例と本物件を比較する際に、角地だと云々、整形地だと云々、駅まで遠くバス便だと云々…という価格補正が入るのだが、数%であればこの段階で恣意的に動かすことが可能。
結果的に、営業担当者のさじ加減一つで数百万の差は出るなと感じた。

全社の査定書を見比べて分かったこと

その後、一両日中にほぼすべての会社が査定額を出してきた。

査定の方法はほぼ同じなのに、最終的な査定額には結構な差があった。
具体的に、一番安い会社と一番高い会社では2割近い差があった
2割といったら、たとえば4000万円と4800万円の差であるから、築10年と新築ぐらいの差がある。

これが中古車であれば、査定額の一番高い業者に売ればよいのだが、今回、不動産屋はあくまで売り主と買い主の仲介者である。査定額で買ってくれる人が現れるという保証はどこにもない。

10社ほどある中で一番興味があったのは、隣家が売却を依頼している某社の査定だ。
見てみたところ、土地の査定価格が高い。そのため売出提案価格も高くなり、隣家の売り出し価格を超えていた。
なるほど、隣家の強気な価格設定は、やはりこの不動産屋の提案だったか。

ということで、隣家を担当している不動産屋がぶっちぎりで最高額だった――と書きたいところだが、実はそうでもなかった。
売出提案額でいえばこの某社が最高額ではあったのだが、それに準じた価格を提案してきたところが、あと2社あった。
査定額に至っては、この某社よりさらに高い額を出してきた会社があって、「じゃあ、その価格で買い取ってくださいよ」と言いたくなってしまう。