不動産業界にエサ撒き! 一括査定を依頼したら何が起こったか

別記事で紹介した「人手を介さない査定」の方法を知らなかった当時の私は、売る気満々だったこともあり、不動産屋へ査定の依頼をすることにした。

今時、査定の依頼は簡単だ。所有する不動産の情報を入力すると数社へ一括して査定を依頼してくれるというサイトが複数ある。

依頼するなら、大手か地場か

どこの会社に査定を依頼するかは少し迷ったが、大手不動産屋には片っ端から依頼したいと考えた。

何社へ依頼するかは別として、「名の知れた大手か、地元密着の独立系か」という二択なら、私は大手を選択する。
その理由は「何となく安心感があるから」というだけではない。
別記事で述べるが、大手であれば無料で建物・設備保証をつけてくれる場合が多いのだ。地元の小さな不動産屋だと、聞いてみなければ分からない。「無料保証はありません」ということなら自腹で保証を付けることも可能だが、それなりの手間と費用を要する。そこまでして頼みたい地元の不動産屋を私は知らない。

査定依頼の時点では、比較のために地場の不動産屋もいくつか混ぜたいと思っていたが、一括査定サイトから申し込めたのは1社だけ。
そのほかに個人的に知っている不動産屋が1軒あったので、そこにも話を持っていこうかと思っていたが、結局は面倒になってやめた。

一括査定サイトはどこが良い?

一括査定サイトはいくつかあるが、大手6社が運営する「すまいValue」というサイトがあるので、まずここを利用した。
大手不動産屋を網羅したいと考えた場合、ここは外せない。

さらに、ここに載っていない各社へ依頼するため「HOME4U」というサイトも利用した。

これ以外にも一括査定サイトはいくつもあるのだが、上記2サイトを利用すれば大体は事足りるのではないかと思う。
重要なのは「どの不動産屋に頼むか」であって、一括査定サイトはその入口にすぎない。一括査定サイト選びに時間をかけるのは意味がないと思う。

なお、売買契約があらかた決まった頃に知ったのだが、一括査定サイト経由で査定を依頼された不動産屋は、一括査定サイトの運営者に「1件いくら」の手数料(素人が考えるより高額)を支払うことになるのだという。「成約しないのに査定依頼ばかりが多くて、予算が底をつきそう」という営業氏の愚痴をその時に聞いた。
不動産屋がチラシを配りまくっているのは、一括査定を経由せず、直に査定を依頼してもらうことが大きな理由ではないかと思う。
もし、この段階で意中の不動産屋があるのであれば、一括査定サイトを通さずに直接査定を依頼した方が、不動産屋の心証が良くなり、その後の交渉がうまく進む……かもしれない(多分、あまり関係ない)。

個別に申し込む価値あり? SRE不動産

今回、上記の一括査定サイトから申し込めなかった「SRE不動産」に、個別に査定を申し込んだ。
この不動産会社はソニーグループなのだが、正直、これまで全く知らなかった。
そこへあえて個別に申し込んだ理由は、SRE不動産が、業界では珍しい「片手限定」の仲介を行っているからだ。

以前の記事で触れたとおり、日本の一般的な不動産屋は、売り主と買い主の双方から仲介手数料を得る「両手取引」を目指して営業活動を行っている。
両手取引は、(日本では)違法ではないものの、利益相反という観点からは疑問が残る。

そこへいくと、SRE不動産は「売却専門エージェント」がつくというのである。つまり、一人の担当者に限って見た場合、売り主と買い主の双方を担当するということはない。
だから当社は、売り主のことだけを考えて頑張ります、という謳い文句になっている。

――という話をどこかのサイトで読んだので、SRE不動産へ個別に査定を申し込んだわけだ。

しかし今思うと、あくまで担当が「売り」と「買い」で分かれているというだけの話である。
SRE不動産は家を売る(人をサポートする)のが専門ではない。「購入エージェント」という、家を買う人をサポートする営業マンもいる。売約エージェントと購入エージェントが結託しなかったとしても、会社全体として見れば両手取引になる、ということは十分あるわけだ。
参考記事によると、結果的に両手取引になる場合には「利益相反になりうることを顧客に伝え、覚書を交わす」そうなので、結構真面目にやっているようではあるが、最終的に売り手にとって有利であるかどうかは、実際のところ分からない。

一括査定に細々した情報は不要

査定を依頼する際に気をつけたことを以下に書いておく。

まず、私は電話が嫌いなので、特記事項として「基本的にメールでお願いします」と書いた。
これを書かないと、おそらく電話ラッシュがしばらく続く。

また、入力項目になかった住宅設備の有無について、「床暖房」「食洗機」など、査定額が上がりそうなものを書いた。
しかしこれは、今思うと無駄な努力だった。
実地を見ない簡易査定の段階では、どの不動産屋も、住宅設備の有無を査定結果に反映していなかったからだ。

放流、その直後……

――ポチった。

数分後、電話がかかってきた。

いや、だからメールでお願いしますと言っただろうが!

しかし査定をお願いした手前、電話に出ないというわけにもいかない。結局はこの会社が初の「実地調査」の約束を取り付けていった。
後に自宅前で会った際に「すみません、メールでお願いしますという依頼を見落としてました」と言われ、「客の要望を無視した強引な営業スタイルではないんですよ」と暗にアピールされたのだが、この言葉すら額面どおりには受け取れない。

これが不動産営業の世界か――と、のっけからパワーに圧倒された感があった。

なお、直接電話をかけてきたのはこの1社だけだったので、大半の不動産屋は日本語が読めるということを付記しておく。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました