転居はモノを減らすチャンス

家賃は上がるが、部屋は格段に狭くなる。
なかなか厳しい引越であるが、贅沢は言っていられない。

そこで、引越を機にモノを減らすことを心がけた。
――と偉そうに書いているが、大して減らすことはできなかった。元来、私は貧乏性で、モノを溜め込むようにできているからだ。

デスクトップパソコンの代わりにiPad、意外と困らない

まず、リビングにあった妻のデスクトップパソコンを私の部屋に移した。「モノを減らす」と言いながら、減ったのはリビングのモノだけで、総量は変わっていない。ゴミ屋敷予備軍である。
一時期はかなり真面目に株式投資をやっていたため、液晶モニタが2台あったのだが、1台は息子に、もう1台は知人に譲った。こちらは何とか総量を減らすことができた。

妻はデスクトップパソコンの代わりにiPadを買ったのだが(総量が増えている!)、これが意外によかった。
まず、純正のSmart Keyboardを奢ったため、文字入力が思ったよりスムーズだ。「他人のパソコンを借りて、慣れないキーボードで文字を入力する」程度のぎこちなさで済んでいる。ただ、妻は打鍵感が嫌いだというので、後に外付けキーボードを買った。
それでいて、圧倒的に軽くて小さい。持ち運んで部屋のどこでも使えるし、使わない時には本棚に入れておけば、小学校の教科書1冊程度の薄さで住む。どうりでノートパソコンが売れないわけだ。

唯一といっていい困り事が、DVDやBDを見る手段がなくなってしまったことだ。
学校行事の様子を収録したDVDが配布されても、居間で見る術がない。
ただ、これもそのうち、ネット配信になるような気はしている。

初挑戦のメルカリが大ヒット

そして、大活躍だったのがメルカリだ。
不要と判断したものを片っ端から売りさばいたのである。

実は私、ヤフオクは前から利用していたが、メルカリは何となく敬遠していた。大した理由はなく、いっときの流行に乗りたくないという気持ちが大きかったかもしれない。
しかしメルカリの勢いは止まらず、特に衣服はメルカリの取引量が圧倒的である。重い腰を上げてアカウントを作った。

まずはサイズアウトした子供服から出品を始めたが、ブランドもののアウターなどは結構な値が付くと分かった。
最初期にTHE NORTH FACEのウインドブレーカーを売り出したところ、わずか数十秒で購入されて驚いた。おそらく相場よりだいぶ安かったのだろう。その後は念入りに価格調査を行うようにした。
Tシャツなどは二束三文だが、それでも捨てるよりは良い。
その後、妻が(主に結婚前から)持っていたバッグやアクセサリを売り出したが、これも古いのに結構な値で売れた。中には売り値6桁で成約したものもあり、相手の受け取り評価がつくまで落ち着かなかった。

「レゴ長者」ならず、ほぼ無償譲渡

そして、子供のいる世帯では必ず問題になるであろうオモチャ類。これらは、息子が学校へ行っている間にバッサリ処分した。
ただ、処分するにはあまりに目立つものもあり、そういうものについては一応本人の同意を得た。

処分したものの筆頭がレゴである。
息子は一時期レゴに凝っていて、セットものをいくつも持っていた。総額でいうと10万近くになっているかもしれない。

ただ、凝っているわりに本人は組み立てに熱心でない。いや、正確には、マニュアルどおりに組み立てることが好きでない。
買った当初に私がマニュアルどおり組み立て、しばらくはその状態で遊ぶものの、徐々にそれは解体され、別の物体に変形して二度と元に戻らない。
ダイヤブロック世代の私に言わせればそれが本来のブロックの遊び方であって、トリッキーな部品を取説どおりに組み上げることが求められる最近のレゴはどうかと思っている。
しかしブロックの表面にマジックでペイントを施すというカスタムは、そんな親の想像をも超えている。

閑話休題、レゴはかなりの場所をとっていた上、一旦散らかると片付けが非常に困難。最近は遊ぶことも減っていたため、息子を説得して諦めてもらった。

購入時点でプレミアがついていた高価なセットもあったのだが、パーツは散逸しているし落書きされたパーツもあるしで、メルカリで売るにしてもジャンク扱いだ。
今はどうだか知らないが、一時期、レゴのセットものは発売されるとすぐに売り切れてしまい、Amazonなどで定価より高く販売されていた。これは投資になるのでは?などと思ったほどだ。だからといって新品を買って未開封のまま保管しておくようなことはなかったが、中古であってもそれなりの値段で売れるのではないか、と購入当初は思っていた。結末は前述のとおりである。

ただ、真のレゴマニアはとにかくパーツの数が欲しいだろうし、セットものを買わないと手に入らない珍しいパーツも歓迎されるはず。需要はあると見込んだ。
捨てるよりはそういう人に活用してほしいと思い、パーツを全部1つの段ボールに詰めて、かなりの低価格で出品した。送料と手数料を引くと100円も儲けが出ないような価格をあえて設定した。
予想どおり一瞬で買い手がついて、レゴは第二の人生をスタートすることになった。ただ、将来プレミアがついた時のためにと保管しておいた外箱は、さすがに処分した。

この一件で思ったが、不用品をメルカリで売るというのは、必ずしも儲けたいからではない。まだ使えるモノを捨てるという罪悪感から逃れたいから、というのも大きな理由のように思う。