入居早々、不満が爆発! 自腹で賃貸のハウスクリーニング

入居早々に、一見きれいな浴室のクリーニングを外注することになった。

クリーニング済みの浴室をクリーニングする

別記事に書いたとおり、入居前にはハウスクリーニングが入ったはずなのだが、掃除漏れが散見される状況だった。
浴室に関しても、ぱっと見はいいのだが、妻がシャワーをしていたら、どこからか海苔のような、あるいはピンク色の塊のような汚れが出てきたという。しかもそれは最初の1回だけでなく、何度入ってもちょっとずつ出てきて、いっこうに収まる気配がない。鏡の裏に汚れが溜まっているのではないか?というのが妻の見立てだった。
もう我慢ならない、自腹でいいからクリーニングを頼んでくれと言われ、勤務先の福利厚生制度で多少の値引きがある大手某社に依頼したのだった。

クリーニング風景は見ていなかったが、1時間ちょっとで作業は終わり、確かにきれいにはなった。
シャンプーなどを置く台が風呂場にあるのだが、これについて「取り外しづらいんですが、頑張って取り外しました! でも素人がやったら部品が割れるかもしれないので気をつけてください」とアピールされた。
また、汚れを疑っていた鏡は、取り外せない構造であり(確かに厳しそうだ)、ここが原因ではないのでは?とのこと。

ともかく、見た目上は元々あまり汚れていなかったものが更にきれいになったので、妻も納得した。

プロの風呂掃除がこのクオリティ?

しかし数日後、何気なくドアの下部にシャワーを当ててみたら、妻が言っていたようなゴミが出てきた。何だ、ここ掃除されてないじゃないか!
確かに、掃除中にドアを外しているふうではなかった。それが値段相応ということなのかもしれないが、プロといっても意外と大したことはしていないのだな、と思った。

こうなると意地だ。汚れを完全に除去すべく、ドアを外すことにした。
ドアの外し方は大体ドア付近に表示があるはずで、重さにもよるが大人一人でも可能な場合が多いと思う。
外してみるとやはり、ドアの下部に汚れが溜まっていた。いつもなら隙間から手探りでシャワーを当てるしかないところ、今日はブラシでこすり放題。文句なしに綺麗になった。

また、業者がドヤ顔で「苦労したけど何とか外しました!」と言っていたシャンプー置きも、あらためて見てみると、元々日常的な掃除で外せるような構造になっていた。慣れると数秒でとれる。業者が取り外したときは久しぶりの掃除で渋くなっていたのかもしれないが、騒ぐことはない。

その後しばらくして、配管が臭ってきたことがあった。
そこで排水回りについても、ユニットバスの取説を見ながらフル分解し、汚れをブラシで掻き出した。出てきたものはまさに「積年の汚れ」といった風で、例の業者がどこまで清掃していたかは謎である。

掃除のプロも、我が家では素人

何が言いたいかというと、標準的なハウスクリーニングを過信してはいけない、ということだ。プロだから、ぱっと見て分かるところは綺麗に仕上げるだろうが、逆に一般の人が滅多に見ないようなところは掃除をしていない可能性が高い。
見えない部分で気になるところがあれば、事前に「ここは掃除できますか?」「ここを重点的に掃除してほしい」と言うべきだし、それに対応した業者選びも必要になってくるだろう。特に配管まわりについては、別料金になったり、そもそも対応できない業者があったりということが想定される。

そして結局のところ、自分の家の設備を一番よく「知れる」のは住人である。
掃除のプロといえども、初見の現場でツボを押さえたクリーニングを行うのは難しいと思う。取説や普段の掃除から情報を得ているという前提条件をおけば、住人に一日の長があるといえるだろう。
一方、住人といえども、自分の見える範囲だけを漫然と掃除しているのでは問題の根源にまで至らない。住人の努力なくして真の「清潔」は得られないと悟った。